• ホーム
  • 避妊だけじゃない?ピルで病気予防

避妊だけじゃない?ピルで病気予防

低用量ピルは殆ど100パーセントの避妊効果を発揮します。
それ以外にも様々な効能が期待でき、生理痛の軽減や生理不順の改善などが挙げられます。
さらに月経量が減少したり月経前症候群(PMS)の緩和にも役立ちます。
特に仕事を持っている女性にとっては、安心感につながる効果となっています。
痛みや不快は仕事の妨げになるので、それが改善されるわけです。

低用量ピルはホルモンバランスを整える働きがあり、肌質改善にも役立ちます。
生理前にニキビができるケースは少なくありませんが、それがホルモンバランスが乱れているからです。
そして生理日の自己管理が行えるので、旅行や遊びなどの予定が立てやすくなります。
加えて排卵を抑制することで、卵巣を健全な状態に維持できます。
それが卵巣がんなどのリスクを軽減することにつながります。

低用量ピルを使用すると子宮内膜が厚くならないうちに、月経が始まります。
そのため出血量が少なくなり、子宮収縮も抑えられます。
それが月経痛の緩和に貢献して、憂鬱な気分の解消になるわけです。
報告によれば、子宮内膜症のリスクも低減すると言われています。
子宮内膜症を発症している場合は、進行を抑制する可能性があります。

低用量ピルを服用することで、生理周期が正確に28日周期となります。
それゆえ生理不順の治療効果が期待でき、生理日の予想が立てやすくなります。
生理が規則正しくなれば、仕事や勉強だけでなく旅行やレジャーなどにも好都合です。
また、1ヶ月以上前から調整することで、生理日をずらすことも可能です。
特にPMS(月経前症候群)の症状が強い女性は、症状軽減に効果を期待できます。

低用量ピルには男性ホルモンの働きを抑制する作用があり、ニキビなどを改善する効果が期待できます。
ホルモン状態が改善されれば、更年期障害の軽減にもつながるわけです。
さらに骨粗鬆症をはじめ卵巣がんの予防や、卵巣嚢腫などの病気の予防にも寄与します。

ピルのメリットとデメリット

低用量ピルに含まれている黄体ホルモンは、子宮内膜を保護する働きがあります。
これは子宮体ガンに罹患するリスク低減に効果を発揮します。
そして子宮頚管粘膜の抵抗作用が強まるので、精子に限らず細菌やウイルスの侵入も防ぐ効果が得られます。
これによって卵管炎をはじめ、骨盤内感染症などの不妊症のリスクを軽減できるので安心です。

昨今の低用量ピルは、避妊目的以外での使用が増えています。
公式の低用量ピルの使用ガイドラインが出されており、それによってピル処方に関するハードルが一気に下がったわけです。
とは言え諸外国では既にピル使用が標準化されており、ようやく日本の情勢も追いついてきたと言えます。
それまではピル服用のために、検査など様々なハードルがありました。
それがガイドラインによって不要になったわけです。

低用量ピルは従来避妊目的に使われてきましたが、昨今では美容や健康保持を目的とした使用が多くなっています。
具体的にはニキビの改善であったり、肌荒れの対処などがあります。
過多月経や不正出血の改善にも効果があるおとが分かっており、生理痛の改善に使用される場合もあります。
女性の体質によっては貧血の予防にも効果があり、リウマチの症状改善にも役立ったとする例もあるわけです。

低用量ピルの重篤な副作用の報告はなされておらず、安全性に関しては高いことが分かっています。
ガイドラインに関しても改善が進んでおり、使いやすいものになりつつあります。
疾病予防に関しては医療系の大学でも証明されており、その効果に関してお墨付きとなっています。
その一つがHPV感染の予防です。
子宮筋腫や子宮内膜症に対しても、痛みの軽減効果があります。

低用量ピルには様々な、女性特有の病気を予防する効果が期待できます。
排卵を抑制することで、卵巣がんのリスク低減につながります。
さらに更年期障害の改善や骨粗鬆症の予防効果も期待できます。
但しデメリットとして、ピルに体がなれるまで吐き気などを覚えることがあります。