公開履歴
多様な薬と花

効果的に避妊をする方法といえば真っ先にコンドームが思い浮かびますが、女性が主体的に避妊をする方法としてピルが注目を集めています。
男性がコンドームを装着するだけでは妊娠を確実に防ぐことはできませんが、女性のピルを併用すれば避妊率は格段に高まるのです。
ピルには複数の種類がありますが、日本ではトリキュラーが特に人気のあるピルだといえます。

一般的に、ピルが必要なときは医療機関で処方してもらうことになりますが、トリキュラーは通販でも手軽に購入できるのが特徴です。
価格も比較的安くなっているため、お金に余裕のない若い女性でも購入しやすいといえます。
できるだけ避妊の負担を軽減させるには通販を利用するのが最適です。

トリキュラーってなに?

性行為のときは男性がコンドームを装着するのが基本で、女性の側がピルを飲むのは好ましくないという考え方もあります。
しかしコンドームだけで妊娠を確実に防ぐのが不可能である以上、女性の側でも何らかの対処をしなければならないのは当然のことです。
ただし、ピルという1つの商品が発売されているわけではなく、さまざまな種類があることには注意しなければなりません。
どれを服用するかによって、期待できる効果が大きく異なることもあるのです。

日本で発売されているピルの中では、トリキュラーを服用している女性が特に多いです。
服用したときに不正出血が起こるリスクが小さく、医師の処方箋がなくても購入できるため、医療機関を受診するのを躊躇している女性にも向いています。
また、さまざまなピルの中では価格が安めなので、金銭的な負担も大きくありません。

トリキュラーを購入する方法は主に2つあるのですが、購入する際の不安をできるだけ軽減させたいなら医療機関を受診するのが望ましいです。
病院・クリニックを受診すると、医師が処方箋を書いてくれます。
医療機関によっては、ウェブサイトから処方してもらうことも可能です。

トリキュラーは低用量ピルなので、女性ホルモンが含まれています。
もちろん大量に含まれているわけではなく、普通に摂取して問題ない量なので安心です。
低用量ピルという表現とピルという表現の違いが分かりにくいですが、これは従来のピルが中用量ピルと呼ばれていたことが関係しています。
中用量ピルは避妊を目的として服用するものではなく、卵巣機能不全による症状を治療するために用いられていました。
したがって、低用量ピルとは大きく異なるものです。

現在では、単にピルといった場合も低用量ピルを指すのが一般的となっています。
両者の使い分けについて、あまり神経質になる必要はありません。
大切なことは、どのような効果が期待できるのか、配合されている成分が何なのか、成分の量がどのくらいなのかといった点です。

トリキュラーと一口にいっても、1種類だけ発売されているわけではありません。
実はトリキュラー21・トリキュラー28という2種類があるのです。
トリキュラー21とトリキュラー28の大きな違いは、有効成分が配合されていない錠剤の有無だといえます。
薬なのだから有効成分が配合されているのが当然だと思われがちですが、薬の中には偽薬もあるのです。

トリキュラー21は全ての錠剤に有効成分が配合されていて、避妊の効果が期待できます。
しかしトリキュラー28には有効成分のない錠剤も含まれているのです。
薬の名称についている21・28という数字は錠剤の数を表しています。
トリキュラー28に偽薬が含まれている理由は飲み忘れを防ぐためです。
トリキュラーは28日が服用周期ですが、そのうち7日間は休薬期間となります。
休薬期間を埋めるのが偽薬の7錠です。

ピルで避妊できる仕組み

男性のコンドームで避妊できる理由は、言うまでもなく精液が女性器に入るのを物理的に防いでいるからです。
しかしピルを服用することで避妊できる理由は、作用機序を知らない人にとっては分かりにくいことだといえます。
作用機序を理解しないまま惰性でピルを服用していると、避妊に失敗してしまったときはもちろん、副作用が出てしまったときに苦労することになるため注意が必要です。

低用量ピルで避妊できるのは、既に妊娠している女性が新たに妊娠することがない点と大きく関わっています。
妊娠している女性の体内では、脳下垂体が排卵を行わないようにする指令を出しているのです。
排卵や妊娠を司どっているのは女性ホルモンで、脳から分泌されるものと卵巣から分泌されるものとがあります。
低用量ピルには、女性ホルモンが少し含まれていて、妊娠を防ぐ働きをしているのです。

排卵が起こっていない女性が妊娠することはありません。
低用量ピルに含まれている卵胞ホルモン・黄体ホルモンが排卵が起こらない状態を作り、結果として妊娠しない状態になります。

コンドームで妊娠を防ぐことも大切ですが、低用量ピルを服用する避妊方法にはコンドームにはない大きなメリットがあるのです。
低用量ピルは単に避妊をするためのものではなく、他の効果も期待できることが知られています。
生理痛や月経不順で悩まされる女性は多いですが、低用量ピルを服用することでこれらの悩みを軽減させることもできるのです。
低用量ピルに含まれる女性ホルモンを摂取していると、体内の女性ホルモンの自然な分泌が可能になります。

低用量ピルのトリキュラーというのは商品名で、一般名としてはレボノルゲストレル・エチニルエストラジオールと呼ばれている薬です。
エチニルエストラジオールというと聞き慣れない名称だと思われますが、エストロゲンとも呼ばれます。
つまり、エチニルエストラジオールは女性ホルモンの一種なのです。
低用量ピルの作用機序のうち、主に排卵を止める働きをしています。

レボノルゲストレルは、性行為をした後で妊娠を防ぐ目的で用いられることも多いです。
いわゆるアフターピルの成分として、レボノルゲストレルが使われています。
妊娠を防ぐには、レボノルゲストレルを性行為後72時間以内に摂取することが重要です。
事前に服用する低用量ピルと比べると避妊率が低いですが、レボノルゲストレルの果たす役割は大きいといえます。

これまでに低用量ピルを服用したことがない女性は、薬を服用するだけ妊娠を防げるわけがないと思いがちですが、きちんと作用機序を理解すれば高い効果が期待できることが分かるのです。
コンドームだけに頼ってきた女性の場合、むしろ低用量ピルを積極的に服用した方が安心感を持てるようになります。

低用量ピルを服用するときは、副作用などのリスクに気をつけなければなりません。
低用量ピルに女性ホルモンが含まれているから副作用が起こりやすいというわけではなく、どのような薬でも副作用は起こりうることです。
安易に服用するのは避けて、使用方法・服用量を厳密に守る必要があります。

トリキュラーは通販で入手!

低用量ピルは医療機関で処方してもらうのが基本ですが、なかなか医療機関を受診する時間が作れない女性も少なくありません。
また、時間はあっても医療機関で相談するのが恥ずかしいと思ってしまう女性もいるものです。
低用量ピルが欲しいと思っているだけで実際に購入しないのでは、効果的な避妊ができないままになってしまいます。
そのような女性に向いているのが、低用量ピルを通販で購入する方法です。
日本で人気の高いトリキュラーは、通販のサイトで購入することができます。

通販を利用することのメリットは、やはり医療機関での処方箋が必要ないことです。
トリキュラーが欲しいと思ったときに、いつでも注文できるのは便利だといえます。
ピルというのは、1回だけ飲めば避妊効果が期待できるというものではありません。
1錠だけで何日間も効果が続いてくれれば楽ですが、そう甘いものではないのです。
基本的に、1日1錠を飲み続けていかなければなりません。
そうなると金銭的な負担は相当大きなものになります。

医療機関で処方してもらう方法は安心感があってよいのですが、どうしても金額が高くなってしまうデメリットがあるのです。
その点、通販で購入するようにしていると、医療機関で購入するより安くなります。
低用量ピルには複数の種類があるのですが、トリキュラーは日本でもっとも多く用いられていることもあって、たいていの通販サイトで取り扱われています。
そのため、どこで発売されているかが分からずに探し回るといったことはなく、スムーズに購入できるのです。

トリキュラーにはトリキュラー21・トリキュラー28の2種類があるため、どちらを購入するかを考えなければなりません。
両者が全く異なる薬というわけではなく、有効成分のない偽薬が含まれているか含まれていないかの違いに過ぎないので、期待できる効果はどちらも同じです。

服用する必要がある日に忘れない自信がある人はトリキュラー21を選ぶのがよいですが、飲み忘れが心配な人はトリキュラー28を選ぶと安心できます。
医療機関で処方してもらう場合でも通販で購入する場合でも、2種類のトリキュラーから任意に選ぶことが可能です。

避妊の目的で低用量ピルを服用する場合、処方箋を書いてもらう場合でも健康保険の適用がありません。
したがって、医療機関なら健康保険で安くなるのではないかと考えてしまうと、医療機関を受診したときに慌てることになります。
通販サイトの方が価格が安く設定されているので、少しでも安くトリキュラーを購入したいのであれば、通販サイトを利用するのが基本です。
また通販サイトでトリキュラーをまとめ買いされると更におとくなのでおすすめです。
医療機関では、処方箋だけでなく診察料の負担もあります。
診察料に関しても健康保険の適用がない自己負担です。

通販を利用する最大のメリットは、一度に購入できる個数が選べるところだといえます。
医療機関では限られた個数しか処方されませんが、通販なら多めに購入できるのです。

通販で気を付けたいこと!

医療機関で処方箋を書いてもらう場合は、専門の医師からさまざまな説明を受けることができます。
服用方法などで分からないことがあれば、全て細かく確認できるところが医療機関を受診することの大きなメリットです。
通販で購入することになると、あらゆることが自己責任になってしまいます。
詳しい説明をしてくれる専門の医師はいないので、分からないことについても自分で調べたりしなければなりません。

食品や電化製品のような商品を購入するのであれば、通販でも実際の店舗でも大きな違いはないものです。
しかし医薬品となると副作用のリスクが関係してくるため、どうしても通販では不安になってしまうことがあります。

トリキュラーを日本で購入する場合、通常は医師の処方箋を書いてもらわなければならないことに注意が必要です。
通販では医師の処方箋がなくてもよいのですが、これには特別な理由があります。
医師の処方が必要になるトリキュラーを、処方箋なしで注文できるということではないのです。
通販で安く発売されているのは、あくまでも海外製のトリキュラーということになります。

これまでにトリキュラーを購入したことがない人は、詳しいことを知らないまま通販なら安いというメリットにばかり目が行ってしまいます。
しかし日本製のトリキュラーだと思って購入したのに実は海外製だったというのでは、安心して服用することができません。

このように見ていくと、通販はトリキュラーの便利な購入方法ではあるものの、品質に不安があるのだから避けるべきではないかと思われがちです。
ところが実際には通販で多くの人がトリキュラーを購入しています。
海外製という表現から受ける印象は何となく不安なものですが、よく分からないような怪しい国で作られているものではありません。
しっかりとした製薬会社が製造し、正規に販売しているトリキュラーなので安心できるのです。

気をつける必要があるのは、海外製か日本製かという違いの部分ではありません。
通販サイトの中には悪質なところもあるため、そのようなサイトを利用しないことが大切なのです。
信頼できる通販サイトを見つけて注文するように心がけていれば、トリキュラーの偽物や劣悪な薬を購入してしまうことは考えられません。

どのような薬でも、服用したときに何らかの副作用が出る可能性があります。
多くの日本人が服用しているトリキュラーだからといって、副作用が絶対に出ないとは言い切れないのです。
通販を利用すると、詳しい説明が受けられないまま購入することになります。
起こりうる副作用についても、十分な理解ができない可能性があるわけです。
あらかじめトリキュラーについて十分に調べておいて、納得した上で購入することが不可欠だといえます。

医療機関で処方してもらうよりも大量に購入できるのが通販のメリットですが、初めての場合は少なめに購入する方が安心です。
信頼できるかを確認し、2回目以降に注文数を増やすのが望ましいです。

記事一覧
ピルじゃなくても避妊はできるの? 2020年09月14日

ピルによる避妊は女性が毎日服用することで可能となるものです。ピルは、かすかな頭痛や吐き気、倦怠感という軽い副作用はありますが、女性側から主体的に妊娠を防げる手段...

パートナーが避妊に非協力的だったら 2020年07月31日

性行為というのは子孫を残すために人間には最重要な行為ですが、本能にその重要性が組み込まれているとはいえ、そこに何もなく単なる動作の1つに過ぎなければいずれ廃れて...

意外と多い女性の不感症 2020年06月11日

性行為をする時に痛みを感じる、気持ちいいと思えない、性的な刺激を受けたり雰囲気になっても気持ちの高まりが無いという場合には、不感症である可能性があります。これま...

避妊だけじゃない?ピルで病気予防 2020年05月07日

低用量ピルは殆ど100パーセントの避妊効果を発揮します。それ以外にも様々な効能が期待でき、生理痛の軽減や生理不順の改善などが挙げられます。さらに月経量が減少した...

毎月憂鬱!生理痛の症状も十人十色 2020年04月04日

生理痛は多くの女性が悩むものでもあります。ひどい場合には仕事や勉強に集中できなくなり、寝ているしかないという事もあるものです。それが毎月やってくるのですから、生...

ダイアン35なら安心?まずは超低用量ピルから 2020年03月05日

ダイアン35は適切に服用することで、女性ホルモンの調節が可能になる超低用量ピルです。コップ一杯の水を用意するだけで、毎日規則正しくに飲むことができます。それによ...

人気のアイピルって何が良いの? 2020年02月01日

みなさんは「アイピル」という薬をご存知ですか。「アイピル」は、インドの大手製薬会社が発売している避妊効果が得られるアフターピルです。インドの薬と聞くと身近に感じ...

副作用はある?アフターピルの服用方法 2020年01月14日

避妊薬として使用されるピルですが、1日1錠を同じ時間に21日間継続して飲まなくてはいけません。そして、7日間の休薬期間を開けて再び服用を開始する必要があるもので...

こんな症状にも効く?低用量ピルの効果をご紹介します 2019年12月27日

ピルと聞くとまず避妊を思い浮かべる方が多いでしょう。その通り、ピルは経口避妊薬とも言われるように避妊に使用される医薬品ですが、実はピルには避妊の他にも女性の助け...